『鬼滅の刃』が日本アニメに「新たな可能性」をもたらす“ワケ”【エンタメNEWS】

『鬼滅の刃』が日本アニメに「新たな可能性」をもたらす“ワケ”【エンタメNEWS】

0

●記事内容:鬼滅の刃

華々しい数字の話題に加え、『鬼滅の刃』の米国での大ヒットは、近年ますます人気が広がっている日本アニメの世界での立ち位置にも変化を与えそうだ。『鬼滅の刃』ヒットの実績をもとに、さらに日本のアニメが海外を目指すことも出来る。

 遡れば2010年代以降の日本アニメの人気拡大は、NetflixやAmazonプライム ビデオといった映像プラットフォームの急激な普及に理由がある。実は日本アニメは2000年代半ば頃、海外でのTV放送が減少し、映像ソフトの売上げが急降下するなど、必ずしも順風ではなかった。

 なかでも大手映画会社の市場支配力が強く、伝統的なビジネスが優先される映画興行は、日本アニメが最も参入し難い市場だった。日本でヒットしたアニメでもヒットにつながらない。それ以前に作品公開が少なく、仮に公開されたとしてもスクリーン数は少なく、上映期間も極めて短いケースがほとんどだからだ。

 ではなぜ今回『鬼滅の刃』は、その壁を突き崩したのか。

 ひとつは映画配給を担当した「ファニメーション」という企業の存在だ。1994年に日本アニメ専門の配給・ライセンス会社としてテキサスで設立された同社は長年、独立系の日本アニメ会社として経営されてきた。それが2017年にソニー・ピクチャーズに買収され、傘下に入った。ハリウッド大手映画会社の一角であるソニー・ピクチャーズのサポートは少なくない効果を発揮しただろう。

 そもそも米国の映画配給の多くは、大手映画会社の事業である。このため劇場上映される作品の決定や力の入れ具合は大手映画会社の意向に左右されがちだ。自社利益を目指す映画会社は自社製作の映画配給を優先する。日本の製作会社が作ったアニメを積極的に取り上げる理由はない。

 『鬼滅の刃』の製作は日本のアニプレックスが中心だ。そしてアニプレックスは国内ソニーミュージックの子会社である。つまり『鬼滅の刃』は製作と配給が共にソニーグループにあり、そのヒットは製作面でも配給面でも自社の利益になる。

 ソニーグループの、映画部門と音楽部門は共同企画・事業はあまりみられず、商品流通も別々とこれまで距離感があった。それが近年、エンタテインメント部門で連携強化が進んでいる。なかでも海外の日本アニメ事業は、連携の象徴になっている。

 アニプレックスとソニー・ピクチャーズは共同出資のファニメーション・グローバルを設立し、その傘下にファニメーションをはじめとする世界各国のアニメ事業会社をまとめる。今回の配給もファニメーションとアニプレックスの共同配給のかたちだ。

引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/3a657b195b3609e4fa01448b973af403aa4a1a9e

●サブチャンネル(印税生活ch)始めました
https://www.youtube.com/channel/UCHBlC-l1hsURJrlzlJLSbCg

●過去の映画レビューのリンクはこちら
http://nanaoyoshi.seesaa.net/article/468859344.htm


↑フォロー自由にしてやってください

nanao_yoshi@nifty.com
↑お仕事のブッキングのご連絡はこちらへ

●チャンネル登録はこちら
https://www.youtube.com/channel/UCQ7Lz8dhAvlH6_TvpYAc4Tg?sub_confirmation=1

●映画評価額

大人映画館料金1800円を基準にいくらまでなら出していいかで評価します。

1800円 金字塔(そのジャンルの最高峰レベル)
1700円 神作(数年に1度やってくる大当たり)
1600円 名作(その年のナンバーワンレベル)
1500円 傑作(その年のベスト5以内レベル)
1400円 優秀作(その月のナンバーワンレベル)
1300円 秀作(金を払っても損なし)
1200円 良作(オススメできる最低ライン)
1100円 佳作(そこそこ面白い)
1000円 及第作(映画館正規料金を払って許せる及第ライン)
 900円 力作(惜しい! 映画の日の1000円なら許せる)
 800円 凡作(DVD新作料金なら許せる)
 700円 拙作(DVD準新作料金なら、まあ)
 600円 愚作(DVD旧作料金でなんとか)
 500円 駄作(金返せ!ライン)
 400円 下作(絶望・茫然自失)
 300円 ゴミ(鑑賞中断・殺意が芽生えるレベル)
 200円 クズ(発狂)
 100円 ゲロ(もうね、作品が嫌いというよりこいつを作っているヤツらが嫌い)
90円以下 Z級(もはや伝説。狙って出せる評価ではない。大半の人は理解できないが熱狂的ファンがつく。まさに逆金字塔!)

●PCで視聴してる方へ
画面右下にある歯車マークをクリックして
「1080p」以上を選ぶときれいな画像で
視聴することができますよ~

50代男性、小説家(ミステリ)です。また歯科医師でもあります。このチャンネルでは映画やドラマ、ゲームなどのレビューをメインにお届けしています。

#鬼滅の刃 #映画レビュー #映画感想 #映画ランキング #小説家になろう #町山智浩 #シネマトゥデイ #シネマンション #moviecollectionjp #前田有一 #有村昆 #MOVIE WATCHMEN

アニメカテゴリの最新記事